2リズム

観光とライブのメモ

世界第3位の高さの「牛久大仏」/バスで「あみプレミアム・アウトレット」へ

牛久大仏@茨城県牛久市 #spot


世界で3番目の高さを誇る大仏立像。

青銅製に限定すれば世界一の高さを誇る。
その高さは120メートル(像100メートル、台座20メートル)で、6年の歳月をかけて完成した。

写真だと巨大さをうまく伝えるのが難しいが、とにかく大きい。
外観だけでなく、大仏の中(胎内)も見て回れるのが特徴的だ。85メートルの展望台からは天気がよければスカイツリーを見ることができる。



中に入ってすぐに待ち受ける、青いライトを使った幻想的な雰囲気の空間(光の世界)が、大仏のもつイメージと対照的でおもしろい。

関連サイト

牛久大仏(公式)


あみプレミアム・アウトレット@茨城県阿見町 #spot


2009年開業の三菱地所系アウトレットモール。

アメリカ西海岸をイメージしてつくられた。2011年に増設を行い、現在は約150の店舗が軒を連ねている。

荒川沖駅からバスでアウトレットに行く場合のみ、帰りのバスの無料券がもらえる。牛久駅からのバスではもらえないので注意しよう。

共通のポイント

2か所を一緒に回ろう!

大仏とアウトレットは近く、車で5分程度の距離にある。バス利用の場合、2か所をつなぐ本数は1時間に1本程度なので注意が必要だ。

おすすめは、大仏を見てからアウトレットでゆっくり過ごすコース。

東京方面から行く場合、まずは牛久駅からバスで大仏へ。
ここで1時間ほど過ごす。1時間あれば、大仏の胎内を含めて十分満喫できる。

そしてアウトレットへ。
開放感のあるつくりなので、天気のよい日は歩いていて気持ちがいい。ナイキやビームスなど定番の店を中心にショッピングも楽しめるし、疲れたらフードコートやタリーズでゆっくり休むのもいい。ぶらぶらしてるとあっという間に2〜3時間過ごせてしまうだろう。

レモンサワーの発祥「ばん」/器一面レモンのラーメン「りんすず食堂」

ばん@五反田


レモンサワー発祥の店の系列。

焼酎をハイサワーで割り、そこに絞ったレモンを入れて飲むスタイル。

もつ焼きは1本100円から。リーズナブルでおいしく、どんどん頼んでしまう危険性を秘めている。

ポイント

・ハイサワーとレモンの量調整がカギ
入れる量を調整すれば、焼酎(200円)をおかわりするだけで何杯か飲める。
食べても飲んでも財布にやさしいのがとてもうれしい。

アクセス

・東京都品川区東五反田1-12-9 イルヴァーレ五反田ビル1F
・JR五反田駅から徒歩3分

関連サイト

ばん(食べログ)


りんすず食堂@大島


元デザイナーの店主が営むラーメン店。

人気メニューのレモンラーメンは、レモン1個を輪切りにして大胆に投入した、一度見たら忘れられない一品。

レモンの酸味と醤油スープの甘辛さのミックスにややかための細麺がよく合う。
さっぱりした口当たりとあとに続く濃厚感にハマる。

ポイント

・鶏天も注文してみよう
お腹にゆとりがあるなら鶏天も一緒にどうぞ。人気ナンバーワンメニューのできあがりだ。

アクセス

・東京都江東区大島5-7-3 成毛ビル1F
・都営新宿線大島駅から徒歩3分