2リズム

東京みやげ/関東おすすめスポット/地方めぐり/ライブ感想

名古屋駅から約20分のプチ遠征「金華山」「なばなの里」

金華山@岐阜県岐阜市

名古屋駅から岐阜駅までは電車で約20分と実は非常に近い。

駅からバスで移動し、ロープウェーに乗ってわずか3分ほどで山頂へ。



さらに階段を上がると見えてくるのが岐阜城だ。

織田信長が本拠地としたことでも知られ、現在の城は1956年に再建されたものである。



山頂から長良川を眺めるのも格別だ。



下山したら、バスで途中下車して柳ヶ瀬商店街へ。

ツバメヤの本わらび餅がおすすめだ。

箱一面きな粉の中から、表面ぷるんぷるんのおいしそうな餅が登場。
口の中で溶けていく感覚と控えめな甘さに思わず笑顔になってしまう。

なばなの里@三重県桑名市

名古屋から三重にもすぐ行ける。

近鉄名古屋駅から急行に乗って約20分で近鉄長島駅へ。



駅から直行バスを乗り継いだ先にあるのが、なばなの里だ。
全国のイルミネーションランキングでは常に上位にランクインしている。



ひとつめのハイライトが、光のトンネル。
約200メートルにわたり、きれいであたたかな光が包んでくれる。



もうひとつのハイライトが、テーマエリア。
毎年変わり、2016〜2017年のテーマは「大地」。
世界各地の絶景をイルミネーションを用いて巨大なスケールで再現している。

スタバの新形態「ネイバーフッド アンド コーヒー 」

ネイバーフッド アンド コーヒー 玉川三丁目店@二子玉川


スターバックスコーヒーの新形態。

店の近所に暮らしている人にゆっくり過ごしてほしい、というコンセプトの元、主に住宅街で展開している。
ブランドのスタート時は世田谷区のみの展開だったが、横浜や神戸など徐々に広がりが見られる。

通常のスタバとメニューが異なるのはもちろん、ビールなどのお酒も飲むことができるのも大きな特徴のひとつだ。

ポイント

・あえて「お茶」を選んでみる
2016年の秋にティーのブランド「TEAVANA(ティバーナ)」の展開を日本でも始めたスタバ。
そこでコーヒー系のドリンクではなく、あえてティーを注文してみるのはどうだろうか。



たとえば、マムズ アップル&ティー(写真右)。
スパイスの効いた大人のお茶だ。

ベースはチャイティー。
これにアップルジュースと少量のオレンジジュースを加えているそう。
グラスの底には刻んだリンゴがごろごろ入っていて、とてもジューシーでおいしい。
たまには気分を変えてスタバで「お茶」するのもおすすめだ。