2リズム

観光とライブのメモ

はじめてひとりでライブに行く前に


「ひとりでライブ」と聞いてどう感じるだろうか。
個人的には、昔と違いひとりでライブに行くことへの抵抗感はなくなった。
むしろ自由というか。

とはいえはじめての時を思い出すとかなり不安でいっぱいだった。
「周りから浮くんじゃないか?」「寂しい人と思われそう…」
同じような悩みがないかネットでもよく検索した。

けれどもそんなのは杞憂。
慣れたことでどんどん気になるアーティストのライブを楽しめるようになった。

行きたいライブがあるけどひとりじゃちょっと…という人を少し後押しできたらと思い、ひとり参加をはじめた頃に意識していたことをメモしておく。


ひとりライブに参加するときのコツ

「身近」なライブを選ぶ

たとえば、過去に誰かと一緒に参加したアーティストのライブ。
観覧スタイル(立ち見or座り見どちらがメインか)や観客のノリなど雰囲気もわかっていて動きやすいと思う。

また、ほとんどの曲がわかるアーティストのライブのほうが熱中しやすい。
曲はあまり知らないけど少し興味がある、というくらいで参加すると、初めは疎外感を感じるかも。

他には自宅や通勤・通学先から近い会場を選ぶとか。
行きやすい・帰りやすいほうが気軽に参加できる。

こんな形で自分に少しでも身近なライブを選ぶことで、参加のハードルをできるだけ下げるといい。

着席は直前に

開演10分くらい前に席につくのがおすすめ。

座ったら会場全体をながめたり、お客さんの男女比や年齢層をチェックしたり…
そうこうしているうちに開演は目前。
個人的には、誰かと一緒に行く場合、会話に夢中で会場内分析みたいなことはしてなかったので新鮮だった。

荷物を置いたまま席を離れるのは不安なので、着席前にトイレを済ませておくことも忘れずに。

恥ずかしいと思わない

ライブでの振る舞いに限らないけど、あなたが思っているほど周りの人はあなたのことを気にしていない。
ほぼ全員アーティストに夢中。

今年見たライブを振り返っても、周りの人が何人組でどんな動きをしてたかなんて覚えてないし。
自分が立ちながら聴いている時に、終始座り続けているなど、違う動きをする人のことは印象に残ることもある。
けれどもそんなのも一時的なもの。

踊りたければ踊る。座ってゆっくり見たければそうする。
自分の気持ちに素直になって楽しもう。

もちろん他の人に迷惑がかからない範囲で。




ひとりライブ初参加前の自分に向けたつもりで書いてみた。

…が、正直こんなエントリを読んでシミュレーションするより、一度ひとりで飛び込んでみよう。

きっと、「たいしたことないや」と思うはず。

観光スポットから〜新潟 #1


新潟駅のぽんしゅ館。
500円でおちょことコイン5枚に交換。
コイン1枚につき1銘柄飲むことができる。



選べるのは100種類以上。
解説を読みながら自分に合ったお酒を探すのがとても楽しい。
味噌や日本・世界の塩も試すことができて、口直しにちょうどいい感じ。

越後湯沢駅にもあって、お酒の詳しい分類があったり、機械でコイン2枚や3枚を使う高級品が選べるので、こっちの方がより楽しめるなと思った。

利き酒番所|新潟・新潟駅・日本酒・土産・観光 ぽんしゅ館新潟駅店




軽く飲んで心地よくなったら新潟のまちへ。
駅から歩いて20分くらいのところにある、Befco ばかうけ展望室からの眺めが最高だ。
125メートルの高さから新潟のまちを一望できる。
それでいて何と上まで行くのが無料。
すごいよ新潟。

Befcoばかうけ展望室|ホテル日航新潟




(大とろ)

今度はおみやげ探しとごはんを兼ねて、近くのピア万代へ。
先に弁慶で整理券をゲット。
佐渡産のネタで人気の回転寿司店で、今回は30分待ちだ。
さすがだなと思いつつ、気持ちを買い物モードに切り替える。



(のどぐろ)

時間に気をつければ店で待っていなくてもいいので、隣の市場や特産物を扱う店をぐるぐる回ってみた。
一通り見て戻ってくると、ちょうどいい感じの時間に。
思う存分、おいしいお寿司を堪能できて最高だった。

廻転寿司 弁慶 | 佐渡産のネタで握るお寿司をお楽しみください




さらに先を目指して中心街へ。
立ち寄ったのは、新潟市美術館
市出身の建築家・前川國男氏による設計で、BCS賞を取ったという建物が美しい。

新潟市美術館 | Niigata City Art Museum




さらに旧齋藤家別邸へ。
床の間をはじめ、随所におもてなしの精神が見られる邸宅に当時の家主の思いや力を感じる。

新潟市:旧齋藤家別邸




新潟駅に戻り、越後湯沢駅へ。
今年1周年を迎える、現美新幹線に乗ってみた。
世界最速の芸術鑑賞とはどんなものか。



運行は土日祝で、6両のうち、1両が指定席で、それ以外は自由席。
今回は始発駅からだったので自由席にして、座席を確保してから作品鑑賞することに。
中に入ると、これまで見たことのない大胆な車両のつくりに驚いた。
車両ごとに半分くらいのスペースを使って作品を展示していて、ダイナミックさを感じる。



運行とともに映像が変わる作品などもあっておもしろい。
ほかにも、そこまで広くないもののカフェやキッズスペースがある。
約1時間の道のりを楽しめるさまざまな工夫が凝らされているので、一度体験してみるのがおすすめ。

現美新幹線|GENBI SHINKANSEN - JR東日本




そして、越後湯沢駅からすぐちかくの中野屋でへぎそばを。
お酒片手にそばを食べるのは至福のひとときだ。

-旨いそばどっとこむ- 石臼挽へぎそば 中野屋 ~そばうどんの専門店|新潟県南魚沼