読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2リズム

観光とライブのメモ

青春18きっぷで東京-名古屋を中央本線で行く前に

f:id:rayanbird:20160220133128j:plain
国内旅行を語るうえで外せないのが青春18きっぷ
体力と時間があれば格安で国内を回れる。
今年の春は3月1日から4月10日までが使用期間。

東京から目指すならまずは名古屋。
東海道線を乗りつぐのがオーソドックスだが、中央本線経由という道もある。
乗る前にほしかった情報をまとめたので参考にどうぞ。
※2013年時点の情報がベースなので注意

列車内にトイレはある?

高尾から中津川までの各列車では基本的に先頭車両にある。
(高尾→塩尻では6号車が先頭)
特に冬は寒いので心配な人は先頭車両に乗るとよい。

高尾から塩尻まで乗り続ける?

3時間半乗り続けるのはしんどいので、甲府で少し休憩するのがおすすめ。
軽く改札外を散歩したり食事をしたり。
通しで行くなら、乗る前に飲食物の購入は忘れずに。

塩尻から先の列車で座れる?

不安なら思い切って松本まで行こう。
塩尻-松本は約20分。
松本は店も多く時間をつぶすのに不自由しないし、余裕があるなら松本城などを観光するのもあり。
中津川行きの始発に乗れば塩尻での席取りを気にする必要がないのは大きなメリットだと思う。

おわりに

このコースは本数少なく時間もかかるけど雄大な山々を眺めながらのんびりできる。
1日がかりなので無理なく余裕をもってのぞもう。
ゴールにはおいしい名古屋グルメの数々があなたを待っている。