読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2リズム

観光とライブのメモ

映画 「ウォルト・ディズニーの約束」

ウォルト・ディズニーの約束 (字幕版)

長年にわたり『メリー・ポピンズ』映画化を目指すウォルト・ディズニートム・ハンクス)は、ついに原作者P.L.トラヴァース(エマ・トンプソン)と共に映画の製作に入る。

しかし、彼女は提案する脚本やアイデアをことごとく否定しはじめ、製作は難航していく。なぜ彼女は頑なに映画化を阻むのか。名作映画誕生に隠された真実とは。

ウォルト・ディズニーの約束|ブルーレイ・デジタル配信|ディズニー


1964年にヒットしたディズニー映画「メリー・ポピンズ」の誕生の裏側をベースにした作品。

メリー・ポピンズの原作者・トラヴァースとディズニー側が映画化への思いやアイデアをぶつけ合う製作シーンと、原作者の過去の回想とが交互に混ざりながら描かれている。

観光・エンタテインメントの雄、ディズニーの裏側がのぞけるのは面白い。

自分の作品とはいえ、ディズニー側の提案をことごとくダメ出しするトラヴァースの態度には最初驚いた。
ちょっと傲慢すぎないこれ?って感じで。
でも自分にとって本当に大切なもの(=作品)を得体の知れない誰かに差し出すってことはとても勇気がいることだよねとも思ったり。

回想が進み、彼女の背景や思いが見えてくる中で、自分ならどんな態度や決断をとるだろうか考えさせられた。

メリー・ポピンズを事前に見ていたらもっと物語に入りやすかったと思う。
これから見る人は事前に見とくのがおすすめ。

洗練について考えていなさい

ディズニーをけなすのってありなんだ?、と思ったシーンでのセリフ。

トラヴァースが渡米して、用意されたホテルの部屋に初めて入ると、そこにはたくさんのディズニーグッズが。
強い嫌悪感をいだく彼女。
興奮のあまり、ベッドの上にあった巨大なミッキーを床におろし、自分と目が合わないよう顔を壁と向かい合わせに。

そしてこのセリフ。
「洗練について考えていなさい」

「ディズニーなんて嫌いだ!」ってメッセージをおおっぴらに描いているのが新鮮。
世間ではディズニーへの好意的な反応ばかり取り上げられているので。
ディズニー製作だからこそできる業だと思った。

メリー・ポピンズ

ディズニー製作のミュージカル映画
バンクス一家が魔法を使えるベビーシッター・メリーと交わり、不思議な体験をしていくことで、家族の大切さに気づいていくお話です。
主演女優賞などアカデミー賞を計5部門で受賞している。

女優 エマ・トンプソン

1959年生まれのイギリス人女優。
最近の作品でなじみのあるものだと「ハリーポッター」シリーズに占い学の教授役で出演。

1993年にはアカデミー賞の主演女優賞を受賞。
作品は「ハワーズ・エンド」。
ハワーズ・エンドと呼ばれる別荘をめぐり、二つの家族が織りなす運命を描いている。

個人的に見たいと思ったのは、1995年の作品「いつか晴れた日に」。

いつか晴れた日に [DVD]

三人の姉妹が苦難の恋を乗り越えて成長する姿を描いた作品。
ここでは主演に加えて脚本も担当していて、アカデミー賞の脚色賞を受賞。

ちなみに脚色賞は舞台や小説から起こした脚本への賞。
脚本賞はオリジナルで作られた脚本への賞。
これは勉強になった。