読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2リズム

観光とライブのメモ

B'zのライブ「B'z LIVE-GYM 2015 -EPIC NIGHT-」の感想

音楽

味の素スタジアムであったB'zのライブ「B'z LIVE-GYM 2015 -EPIC NIGHT(エピック ナイト)-」に行ってきた。

横浜アリーナ以来、2か月ぶりのB'zのライブ。
最新アルバムをベースにしたライブなのは同じだけど、その中でどのくらいセットリストが変わるのか。
会場が野外だけど雨は大丈夫か。
といった思いを抱きながら会場の味の素スタジアムへ。


f:id:rayanbird:20150614061647j:plain
初の味の素スタジアムだったのでアクセスに関する感想などをまず残しておく。

最寄駅の飛田給駅に着くと、ホームが人でいっぱいでなかなか出られず。
この日は京王線が遅れてたのでその影響なのか、それとももとからこういう状況が起きやすいのか。
駅から味の素スタジアムまで5分の道のりもゆっくり進んでいく。
帰りはともかく、行きの時点で駅でつまる経験はなかったので時間に余裕をもっておきたいところ。

ようやく会場に着いてゆっくりできると思いきや、入場してから着席までが長かった。
飛田給駅から一番近いゲートから入ると、アリーナ席への入口までは半周くらいしなくてはならない。
これが意外と長い。
加えてその入口まで降りる階段が大混雑。
アリーナに向かう人とスタンドに向かう人がどちらも行き交うので全然進まない。
これも予想外だったので、最初の演出を見逃したくなければとにかく余裕をもったスケジューリングを。

この混雑っぷりな入場時に座席番号がわかるシステムになった影響なのかな。
座席がわからないから適当な入口から入って中で移動する人が増えて、結果として人の流れがぶつかり合う形になってる気がした。

自分の見落としかもだけど、同じ発券形式のサザンみたく入場ゲートがどこかの指定がもう少しわかると混雑具合も違うのかも。
転売対策としては有効だと思うけど、居心地がわるいと会場へのわるい印象だけが残ってもったいないとも思うし何か工夫できないものか。

スタジアムという規模の影響もあるとは思うけど、こんなに自分の席までたどり着くのに時間がかかったライブは初めてだったので、こんなことをぼんやり考えてたらあっという間に開演時間に。
5分遅れくらいでスタート。
公演時間は2時間半くらいだった。

会場の雰囲気

周りだけ見ると今回はカップルが多かった。
特に20代ぽい若めの層。
それと男性ペア。
こちらも20代ぽい人たち。
スタンドと違ってアリーナではほぼ全曲振りでノリノリ。
否が応でも盛り上がる雰囲気に。

特に印象に残った曲

ひとつめは「love me,I love you」。
一番ライブで聴いてみたかった曲。
横浜アリーナの時は別の日に歌っててちょっと悔しい気持ちになってたのでそのぶんうれしかった。


ふたつめは「君を気にしない日など」。
ホール・アリーナツアーの時は披露されなかった最新アルバム曲。
アマリニモと同じくらい好きだったので聴けてよかった。
オレンジと白の光、そしてB'zの2人の白黒の映像が落ち着いた気分にさせてくれた。


みっつめは「Man Of The Match」。
カラフルなレーザーにとにかく圧倒。
君を気にしない日などの次だったので一気に目の覚める感じに。
EPIC DAYからの連続披露のトリにふさわしい一曲に化けていた。

雑感

  • エピックブラの演出には笑った。REDから始まるあのかっこいいオープニングとのギャップとの落差がなんとも。
  • YOU&IやZEROが聴けるとは。
  • せっかく階段のセットを組んでいたので、高さを生かした演出をもう少し見てみたかった。
  • ステージ後方にも舞台を設けるのはうれしい演出。後方のテンションは一気に上がるし、会場全体の一体感にもつながると思うので。
  • 久々の野外で雨が心配だったけど、涼しい風を感じながらのライブは最高に気持ちよかった。あの開放感がこれからのドーム会場でもうまく会場で共有できるといいなと思う。

セットリスト

本編

1. RED
2. NO EXCUSE
3. YOU & I
4. love me,I love you
5. HEAT
6. アマリニモ
7. Exit to the sun
8. Black Coffee
9. 君を気にしない日など
10. Man Of The Match
11. 熱き鼓動の果て
12. ZERO
13. Blue Sunshine
14. 有頂天
15. ultra soul
16. スイマーよ!!
17. BURN -フメツノフェイス-
18. Las Vegas
19. EPIC DAY

アンコール

20. イチブトゼンブ
21. 愛のバクダン