読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2リズム

観光とライブのメモ

福山雅治の好き・おすすめな曲ベスト23とライブ「福山☆冬の大感謝祭 其の十五」 の感想

音楽

f:id:rayanbird:20160228120923j:plain
福山雅治のライブ「福山☆冬の大感謝祭 其の十五」に参加した。
デビュー25周年を迎え、今年4月からはフジテレビ系・月曜21時からの連続ドラマ「ラヴソング」に主演が決まっている。

ライブに行くにあたって、お気に入りの曲を整理して収録アルバムと感想を書いてみた。
どちらかというと、歌詞よりメロディーと歌声のつくる雰囲気でどの曲が好きかどうかを判断している。

これから聞く人のきっかけになればいいなと思う。
まずはベストアルバム「福の音」を聴くのがおすすめ。

またライブの雰囲気や感想も記録に残したのでこちらも参考にしてほしい。


愛は風のように

SING A SONG(シング・ア・ソング)」の1曲目。
フォークグループ・BUZZの楽曲「ケンとメリー~愛と風のように」に触発されてつくられた。
爽やかさと前向きな感じが同居したメロディーに心が和む一曲。

Escape(エスケープ)

「f」の6曲目。
歌詞はアルバムの締切ギリギリに作詞していた福山さん自身の焦りなどが反映されているという。
テンポ感のあるメロディーでどこかに出かけたい気分にさせてくれる一曲。

家族になろうよ

「HUMAN(ヒューマン)」Disc2の1曲目。
結婚情報誌「ゼクシィ」のCMソングで、結婚式のBGMとしても人気の曲。
スローテンポなメロディーと家族のきずなを描く歌詞にやさしい気持ちになれる。

化身

「残響」の2曲目。
ドラマ「魔女裁判」の主題歌で、男の人生をテーマにつくられた。
色気を感じさせるアップテンポなメロディーが耳に残る大人な雰囲気の一曲。

GLOAMING WAY(グローミング・ウェイ)

「ON AND ON(オン・アンド・オン)」の10曲目。
曲名はレコーディングしていたロサンゼルスの宿からスタジオに行く途中にあった道の名前から。
落ち着きのあるメロディーで、夜寝る前にリラックスしながら聴いていたい。

恋人

「Calling(コーリング)」の6曲目。
All My Lovingとの両A面シングル。
切ない歌詞とメロディーが印象的で、寒い時期の夕暮れ時に聴きたくなるイメージ。

最愛

「残響」の7曲目。
柴咲コウさんとのユニット・KOH+(コウプラス)の楽曲のセルフカバー。
ピアノの穏やかな旋律と伸びやかな歌声が特徴の切ないバラードで、思わず聴き入ってしまう。

桜坂

「f」の5曲目。
売上200万枚を超える最大のヒット曲。
別れた恋人への想いを語りかけるように歌っていて、情景が目の前に思い浮かぶような感覚に。
曲名は東京都大田区にある桜坂がモデルになっている。

Squall(スコール)

「MAGNUM COLLECTION(マグナム・コレクション) 1999 "Dear"」Disc2の9曲目。
歌手の松本英子さんに提供した楽曲のセルフカバー。
しっとり落ち着いたメロディーのバラードで、歌詞は女性目線で書かれている。

ただ僕がかわった

「BROS.(ブロズ)」の4曲目。
ベーシスト・作曲家として知られる後藤次利さん作曲のミディアムテンポな一曲。
歌詞は地元・長崎に残した恋人をベースに描かれていて、別れと新たな旅立ちに向き合う心情を切ないメロディーにのせて歌っている。

旅人

「残響」の12曲目。
映画「キラー・ヴァージンロード」の主題歌。
疾走感のあるメロディーと背中を押してくれる歌詞に励まされる。

追憶の雨の中

「伝言」の6曲目。
1990年発売のデビューシングル。
荒削り感のあるアップテンポで、ライブで盛り上がる一曲。

Dear(ディア)

「ON AND ON(オン・アンド・オン)」の7曲目。
壮大なメロディーと力強いサビに心揺さぶられる一曲。
2013年にはアサヒスーパードライ「ドライプレミアム」のCMソングに採用された。

東京にもあったんだ

「残響」の13曲目。
「東京タワー 〜オカンとボクと、時々、オトン〜」の主題歌で、東京3部作のトリを務める曲。
語りかけるような歌とやさしいメロディーに気持ちがゆったり落ち着く。

「5年モノ」の3曲目。
ドラマ「WATER BOYS」の主題歌で、5週連続シングル売上1位に輝いた。
歌詞の区切り方が独特で落ち着いたテンポのサビ前と、勢いや力強さのあるサビとのメリハリ感が好きな一曲。

Heart(ハート)

SING A SONG(シング・ア・ソング)」の2曲目。
1998年に音楽活動を再開したときの復帰第1弾シングル。
静かな決意のようなものを感じるストレートなラブソング。

はつ恋

「THE BEST BANG‼︎(ザ・ベスト・バン)」Disc3の6曲目。
美しい記憶をテーマにつくられた。
切れ味のあるサビと、ある種の狂気や崩れ落ちそうな危うさを感じさせるメロディーに一気に引き込まれる。

BEAUTIFUL DAY(ビューティフル・デイ)

「5年モノ」の13曲目。
東京3部作のひとつで、歌詞には東京から静岡の下田まで行く道のりが描かれている。
おさえの効いた疾走感ある曲調で、晴れた日に車に乗りながら聴いていたいイメージ。

fighting pose(ファイティング・ポーズ)

「HUMAN(ヒューマン)」Disc2の2曲目。
家族になろうよとの両A面シングル。
アップテンポでかっこいい、テンションを上げてくれる応援ソング。

Hold on Me(ホールド・オン・ミー)

「BOOTS(ブーツ)」の8曲目。
このアルバムで初めて収録曲すべての作詞・作曲を行っている。
間奏のサックスが印象的な、切なく哀愁ただよう一曲。

道標

「残響」の14曲目。
命をテーマにつくられた一曲。
ミドルテンポのきれいなバラードで、迷いや悩みがあるときに静かに聴きたくなる。

Message(メッセージ)

「MAGNUM COLLECTION(マグナム・コレクション) 1999 "Dear"」Disc2の2曲目。
映画「バースデイプレゼント」の主題歌。
恋への戸惑いやワクワク感をポップなメロディーにのせた一曲。

MELODY(メロディー)

「Calling(コーリング)」の8曲目。
ヒットシングルをつくりたいという思いから生まれた。
キャッチーなメロディーが印象的な、大切な人への熱い思いのこもった曲。



☆ライブ「福山☆冬の大感謝祭 其の十五 」

年末恒例のライブで、場所はパシフィコ横浜

会場の雰囲気

客層は女性比率が高く、30〜40歳代がボリュームゾーン
聖女夜、野郎夜のように女性のみ・男性のみの限定ライブもあり違った雰囲気を味わえる。

公演時間は約3時間。
立ちメインのスタイルなのでバラードなど静かな曲のときに座りつつ休みつつがいいと思う。

印象に残った曲

3曲の感想を書いておく。

Heart

昔のシングルでこの曲を選んでくるのは予想外だったが、ひさびさに聴けてよかった。

vs.2013~知覚と快楽の螺旋~

ドラマ「ガリレオ」のテーマ曲。
歌詞のないインストゥルメンタル曲ゆえに音の力だけで会場全体を飲み込んでいく凄みがあった。
パフォーマンスがとにかくカッコいい。

I am a HERO

25周年に出した新曲だけあって演奏にもより一層の力強さを感じた。

感想

自身の楽曲を「無流行歌」「セルフカヴァー歌」「流行歌」などにカテゴリー分けして複数曲ずつ披露していく流れはおもしろいアイデアだなと感じた。

センターにステージを置いて、周りを囲むように観客が入る形も会場の一体感や盛り上がりやすい雰囲気を生み出していてよかった。

今度は性別限定のライブやカウントダウンライブなどにも参加してみたい。


セットリスト

本編

1.友よ
2.スタート
3.THE EDGE OF CHAOS~愛の一撃~
4.HARD RAIN
5.Escape
6.DEAD BODY
7.KISS AND KILL ME
8.Hard Luck Lover
9.Marcy's Song
10.Dear
11.銭形平次
12.コーヒールンバ
13.糸
14.7月7日
15.I LOVE YOU
16.Heart
17.想 -new love new world-
18.vs.2013~知覚と快楽の螺旋~
19.Gang★
20.I am a HERO
21.ステージの魔物
22.その笑顔が見たい

アンコール

23.心 color~a song for the wonderful year~
24.KISSして
25.you