読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2リズム

観光とライブのメモ

京都駅で出会える絶品みやげ「茶の菓、抹茶シフォン、阿闍梨餅」

京都みやげのお菓子といえば、以前は八ツ橋の印象が強かった。
しかし最近は抹茶味のものや京都限定を掲げたものなど、新たな勢力が続々と台頭してきている。
この群雄割拠の時代においしいおみやげをどう見つけるかはいつも悩ましいところ。


京都駅で買える好きなおみやげ

ここからは京都駅でおすすめのお菓子を紹介する。
駅なら忙しい旅程の中でも買いやすいし、万が一忘れていた時にも便利だ。
ただし軽く並ぶ場合があるのと、遅い時間帯には売り切れている可能性もあることには注意してほしい。
お気に入りが増えたら随時追加していきたい。


茶の菓@マールブランシュ


宇治のお濃茶ラングドシャホワイトチョコレートをはさんだ京都限定販売のお菓子。
ラングドシャとは薄く細長いクッキーのことで、フランス語で「猫の舌」という意味。
つくるのは1982年創業で京都北山に本店のある洋菓子店。
もともとは1951年、珈琲店「ロマン」の個人開業からスタートしている。

真ん中には小さく「茶」の文字が刻まれていてかわいらしい。
抹茶とホワイトチョコレートはどちらも口いっぱいに濃厚な味わいが広がる。
くどい味になりそうだが、それを全く感じさせないバランスが素晴らしい。
個人的には1個食べると幸せな気分になれる京都ナンバーワンみやげだと思う。

ほかの買い物袋をさげていると、大きな袋にまとめて入れるか毎回聞いてくれるのがありがたい。
袋のデザインもおしゃれだし、買うものが多い人は最後に立ち寄るのをおすすめする。

マールブランシュ JR京都伊勢丹B1F店 - 京都/洋菓子(その他) [食べログ]


抹茶シフォン@中村藤吉(なかむらとうきち)


宇治に本店を構える創業1854年のお茶の老舗がつくるシフォンケーキ
屋号の「まると」は、創業当時に名乗っていた「丸屋藤吉」をもじってできたものである。

ケーキの茶色の部分はカステラの上下にある茶色の焼き目に似た感じ。
抹茶色の部分はお茶の苦味をよく感じられて、口の中で溶けるような感覚を味わえる。
ほかにほうじ茶シフォンもある。

煎茶やほうじ茶など各種お茶もおいしいであわせて買うのがおすすめ。
カフェも併設されていて、屋号の「まると」をデザインしたまるとパフェはここスバコ・ジェイアール京都伊勢丹店ならではのメニュー。
絶品の抹茶スイーツを心ゆくまで楽しんでみては。

中村藤吉 京都駅店 - 京都/甘味処 [食べログ]


阿闍梨餅(あじゃりもち)@満月


出町柳に本店を構える1856年創業の和菓子店がつくる京銘菓。
1922年に二代目店主が考案し、阿闍梨の名は高僧を意味するサンスクリット語に由来する。
僧が比叡山での修行でかぶる網代笠をモチーフにしている。

秘伝の餅生地はとてももっちりしていてここでしかない食感。
独特のねばりがあって食べごたえがある。
中の丹波大納言小豆のつぶ餡は大粒で甘くておいしい。
1個108円という値段も買いやすくてうれしい。

京都伊勢丹の地下1階は並んでいることが多く、遅い時間では売り切れていることもある。
そんな時は京都駅の1階にあるザ・キューブ内の京銘菓にはあるかもしれないのであわせてチェックしてみよう。

満月 JR京都伊勢丹店 - 京都/和菓子 [食べログ]