2リズム

観光とライブのメモ

初詣人気ランキングトップ3「成田山新勝寺」とうなぎの老舗「川豊」

成田新勝寺@千葉県・成田市


成田山新勝寺(なりたさんしんしょうじ)は、千葉県・成田市にある寺。

真言宗智山派大本山のひとつで、まもなく開山1080年を迎える。
本尊の不動明王弘法大師自らが魂を入れたとされ、人々の迷いや煩悩を断ち切るために鎮座している。

全国で三本の指に入る初詣の人気スポットでもあり、参拝者数は300万人を超える。

ほかにも、2月3日の節分会(せつぶんえ)では、豆まきに大相撲の力士や芸能人が登場し多くの人で賑わうなど、節目ごとに話題性の高い場所といえる。



総門をくぐると見える急な階段がまず印象的だ。息を切らしながら上がった先の境内からは質実剛健な印象を受ける。
その中で対照的なのが三重塔。鮮やかな赤に目がさめる。

そして大本堂へ。大きさ・広さに圧倒されつつも、厳かな雰囲気の中、静かに祈りを捧げることができる。

http://www.naritasan.or.jp/index.html


ポイント

お参りついでにうなぎを食べよう!

利根川や印旗沼に隣接していることから、成田では古くからうなぎが名物とされてきた。
成田山表参道にはうなぎを出す店が約60あるといわれている。



数ある店の中でも人気なのが、1910年創業の老舗・川豊(かわとよ)。

参道にある本店では、毎朝職人が仕込んでいる様子を見ることができ、味以外の面からも観光客の人気を集めている。
時間に余裕があれば本店で整理券をもらって待つのもよい。

ほかに別館、西口館もある。個人的には西口館がおすすめだ。
駅から近く、参道とは反対の出口にあるため混雑を避けやすい。加えて、本店より遅くまで営業しており、夜ご飯に利用できるのもポイントが高い。

うなぎは香ばしくふわふわ。
ややかためのご飯、そしてたれとの絡みで絶妙な一品に仕上がっている。

写真のうな丼は、11時〜14時限定のメニュー。お新香と吸物が付いて1,350円と、近年のうなぎの価格高騰を考えるとありがたい値段設定になっている。空港だけじゃない、成田へ定期的に行きたくなってしまう魅力がここにある。

データ

成田山新勝寺
●住所
千葉県成田市成田1

●アクセス
JR成田線成田駅東口または京成電鉄京成成田駅から徒歩10分


《川豊西口館》
●住所
千葉県成田市囲護台3-2-3

●営業時間
昼の部 11:00~14:30
夜の部 17:00~20:00
(6〜8月は20:30まで)

●定休日
水曜日(祝日の場合、翌日休み)

●アクセス
JR成田線成田駅西口から徒歩5分


あわせてチェック