2リズム

観光とライブのメモ

スタバの新形態/BAKEのアップルパイ

ネイバーフッド アンド コーヒー 玉川三丁目店@二子玉川 #Tokyo


スターバックスコーヒーの新形態。

店の近所に暮らしている人にゆっくり過ごしてほしい、というコンセプトの元、主に住宅街で展開している。
ブランドのスタート時は世田谷区のみの展開だったが、横浜や神戸など徐々に広がりが見られる。

通常のスタバとメニューが異なるのはもちろん、ビールなどのお酒も飲むことができるのも大きな特徴のひとつだ。

ポイント

・あえて「お茶」を選んでみる
2016年の秋にティーのブランド「TEAVANA(ティバーナ)」の展開を日本でも始めたスタバ。
そこでコーヒー系のドリンクではなく、あえてティーを注文してみるのはどうだろうか。



たとえば、マムズ アップル&ティー(写真右)。
スパイスの効いた大人のお茶だ。

ベースはチャイティー。
これにアップルジュースと少量のオレンジジュースを加えているそう。
グラスの底には刻んだリンゴがごろごろ入っていて、とてもジューシーでおいしい。
たまには気分を変えてスタバで「お茶」するのもおすすめだ。

ringo@池袋 #gift


チーズタルトで有名なBAKE(ベイク)が手がけるアップルパイの店、ringo(リンゴ)。

店に並ぶのはカスタードアップルパイの一品のみで、BAKEと同じ一点集中戦略のようだ。

パイのサクサクした食感に、ゴロゴロ感のあるリンゴの強い甘み、それをカスタードがおさえていて良いバランスがとれている。

ポイント

・味の強さがほしいなら冷やしてみよう
焼き立てはバランスがとれていておいしいが、リンゴとカスタードの味の強さがほしければ冷やすのがおすすめ。
温かい状態より、それぞれの味を鮮明に感じられて個人的にはこちらも好みだ。