2リズム

観光とライブのメモ

Mr.Childrenのライブ「Mr.Children DOME & STADIUM TOUR 2017 Thanksgiving 25」の感想 〜ドーム編


2017.6.29
Mr.Childrenのライブ「Mr.Children DOME & STADIUM TOUR 2017 Thanksgiving 25」へ。
東京ドームの回に参戦。


いつもどおりの混雑

眼前に広がるグッズ販売の列。
相変わらず圧倒される。
かなり待つのだろうが、並んでる人たちの表情はライブを控えてるからか楽しそうなものが多い。

ツアートラックが見つからないので、ほかに何かないかとぶらぶらしているとパネルを発見。
こちらもいつもどおりごった返している。

次々にチャンスを狙ってパネルの前に立ち、記念撮影をする人たち。
ここでも圧倒される。
人が映らず撮れるチャンスはないかと何度も狙い、ようやく何枚か。
でも斜め横のアングルが精一杯だった。

満足したので、いよいよ会場内へ。
直近のライブでは唯一身分確認がない。
賛否は置いといてスムーズに回転扉をくぐる。
いよいよ非日常の空間へ足を踏み入れ始めた。

ドームの中はより人でごった返している。
男女問わずトイレには長蛇の列。
行くタイミングは慎重に吟味しないと。

座席を確認すると想像してたよりよくて、ワクワク感がアップした。
ファン層は実に幅広い。
若者、シニア、親子、女性同士、男性同士、何でもありだ。
この偏りのなさが、ミスチルのひとつの強み・凄みと言えるのではないか。
少し休憩してトイレを済ませて、再び座席へ。

予想外だったのは、開演時間ぴったりに始まったことだ。
おそらく、平日のドームという条件を考慮してだろう。
以前の東京ドームのライブで曲のカットがあったので、今回もその可能性を意識しつつ、1曲目へ。


閑話休題

ライブの感想をどう書くかいつも迷う。
箇条書きでポイントを絞るか、時系列で長く書くか…
感想と言っても専門的なことを書けるわけでもない。
ただ、その時感じた思いやおもしろさ、発見を残しておきたい。
今回も迷ったが、まだやったことのない、一曲ずつ一言感想をつけるスタイルでいってみたいと思う。





………

※ネタバレ注意


………











セットリスト

本編

1.CENTER OF UNIVERSE
最初のサビを終えたあたりからの爆発力がすごい。静から動にモードが一気に切り替わる感じ。

2.箒星
赤いライダースの印象がすごく残ってる。カッコいいけど暑そう。

3.シーソーゲーム~勇敢な恋の歌~
ミュージックビデオが映し出されて、猿がブラブラ。曲以外のものに目がいきがちだった。

4.youthful days
紫のライトが歌詞にある欲望感を演出してるような気がした。あとは…乾杯!

5.GIFT
Mr.Childrenからのメッセージを強く感じた一曲。こちらも感謝の思いでいっぱいになる。スポットライトの下で歌う桜井さんがとても印象的。

6.君が好き
東京の月、の歌詞で上を振り向く姿が思い出される。

7.ヒカリノアトリエ
ホールツアー行ってみたかったと再認識させられた。ツアー時のバンド名の長さにも驚き。

8.CROSS ROAD
記憶の中ではライブで聴くの2回目で、かつ原曲に近い形では初めて。4人の強くてどこか切ない演奏に、とても興奮&感動した。個人的には今回のベストパフォーマンスのひとつ。

9.innocent world
みんな大好きイノワー。振りのキレが違うよね。

10.Tomorrow never knows
イントロ流れた時のキャー率は相変わらず。
最後のサビの映像が曲の広大さをよく表現していた。

11.車の中でかくれてキスをしよう
聴けてよかった。大物ソング続きだったので、ちょうどよいクールダウン。
映像は夜の漁船感たっぷり。

12.思春期の夏~君との恋が今も牧場に~
まさかJENさん(ドラム)の曲が聴けるとは。個人的には大興奮。事前の映像はちょい長め。あと、もう少し普通に歌ってくれてもよかった。ぜひ逃亡者もよろしくお願いします。

13.抱きしめたい
雰囲気ガラッと変わって。

14.Any
この曲も久しぶり。HOMEの時みたく、フェイクからの流れをまたやってほしいな。

15.名もなき詩
成り行きまかせ〜の部分のカッコよさが尋常じゃない。

16.1999年、夏、沖縄
旅の歌。普段あまり聴かないからこそ、本人たちのメッセージと共に歌詞がじんわり効いてくる。

17.こんな風にひどく蒸し暑い日
これが聴けるとは。ポップサウルス2012のデルモと似た感覚。ドーム規模の会場で盛り上げるには、少し難しそうな印象をもった。

18.ランニングハイ
人型のビジュアルがのっそのっそと歩いてるのが気になった。

19.掌
ライブアレンジ…も好きなんだけど、ぜひ原曲のままで聴きたい。

20.ニシエヒガシエ
今回一番迫力のあった曲。ライトの使い方とブレのある映像で、自分が会場と同化したり吸い込まれたような感覚になった。

21.himawari
待望の新曲。祈りみたいな繊細な曲を予想してたら、力強いロックバラードで、思いっきり逆サイドからパンチを浴びせられた気分に。2番のサビ終わりから最後のサビ始まりまでの間のフレーズがめちゃくちゃ長くて、すごいまだ続くんだと新鮮かつ興奮しながら聴いていた。早くフル音源を聴きたい。すごく楽しみ。

22.足音 ~Be Strong
Reflectionから唯一。

23.Printing
赤いライトがカッコいい。次の曲がわかってテンションアップ。

24.Dance Dance Dance
これも振りのキレが違う。ドーム映えする曲だなとすごく思った。

25.everybody goes~秩序のない現代にドロップキック~
予想外でドロップキック受けた感覚。

26.fanfare
アルバムだととばしがちだけど、ライブで聴くのは好きだ。

27.エソラ
たまらない。定番でほぼ毎回あるけど、この曲は外してほしくない。ライブには欠かせない。

アンコール

28.overture
蘇生くるー。

29.蘇生
もう何度もない切ない気持ちが入り交じる。

30.終わりなき旅
ほぼ映像を使わない無骨な演出。純粋な演奏の力強さが伝わってきた。今後も聴き続けていきたい一曲だ。


この形式で書くの意外とおもしろい。
スタジアムにも参戦予定なので、もう一度この興奮を味わいたい。
25周年本当におめでとうございます。