2リズム

観光とライブのメモ

スピッツのライブ「SPITZ 30th ANNIVERSARY TOUR “THIRTY30FIFTY50”」の感想


2017.8.17
スピッツのライブ「SPITZ 30th ANNIVERSARY TOUR “THIRTY30FIFTY50”」へ。
場所は日本武道館
結成30年、メンバー全員50歳という節目のライブということで、新旧の楽曲を織り交ぜた豪華なセットリストだった。

ここのところ、遠目のアリーナ席が続いていたので、スタンドで前に遮るものがない状態の中、ライブに臨めるのがとても新鮮な感覚だった。

観客の年齢層は幅広い。
若いファンからメンバーと同世代ぽい人までさまざま。
男女比は、どちらかといえば女性の方が多い。
この日に関してはいつもより男性が多かったようだけど。
ペア参加もひとり参加もいて、どんな形でも楽しめると思う。

ライブ中は観客のほとんどが立っている。
手の振りも割と多めだけど、シンプルなのですぐに溶け込みやすい。

あと、書き残しておきたいことをいくつか。

  • 開始前のイベンターの影アナ
  • ゆるくてまったりのメンバー紹介
  • トイレ促すMC
  • さかなクン(この日1番の歓声)

………

※ネタバレ注意


………











セットリスト

本編

1.醒めない
のっけからテンションアップ。

2.8823
爽やかさからカッコよさに変化していく様がたまらない。

3.涙がキラリ☆
盛り上がり持続とクールダウンの狭間で。

4.ヒバリのこころ
黄色いライトがひまわり畑やトウモロコシに見えて。

5.ヘビーメロウ
めざましテレビ。夜だけど朝な気分。

6.スカーレット
一気に夕暮れ感。オレンジのライトが雰囲気あり。

7.君が思い出になる前に
これが夜。おやすみ前のリラックスタイム的なムードに。

8.チェリー
大ヒット曲を軽やかに。

9.さらさら
チェリーよりこの曲に手の振りを入れたい。

10.惑星のかけら
ひたすらに青。

11.メモリーズ・カスタム
圧巻のカッコよさ。

12.エスカルゴ
ノリよくて楽しい。

13.ロビンソン
透き通るような心が洗われる感じ。

14.猫になりたい
バンドの演奏がつくる力強い雰囲気がまた新鮮。

15.楓
ラストのサビ途中まで草野さんの演奏のみで歌うシーンが印象的。

16.夜を駆ける
ここから徐々に盛り上がりムード…と思いきや次はMC。

17.日なたの窓に憧れて
切な爽やか系。

18.正夢
手作業の紙ふぶきが印象的。ボーカルまで流れないのはちゃんと計算してるんだろうなとか考えてた。

19.運命の人
よりポップさが増した感じに。

20.恋する凡人
21.けもの道
22.俺のすべて
23.1987→
盛り上がり最高潮。
俺のすべてのラストのサビに入る前の一瞬の静寂はホントにいい意味でゾクっとする。

アンコール

24.歌ウサギ
静と動の振れ幅の大きいメロディーにやられる。

25.スパイダー
これで終わりが信じられない、今からまたライブが始まりそうな、物語は続く的な締め。



日替わりで聴けなかったいくつかの曲もいずれ聴いてみたい。
MCで草野さんが言ってたように、今後もおもしろい曲や変な曲、カッコいい曲をどんどん届けてほしい。