2リズム

東京みやげ/関東おすすめスポット/地方めぐり/ライブ感想

お得きっぷ日帰り旅~河津桜、三浦まぐろ、横須賀軍港めぐり

※既存の記事を統合してリニューアル公開

神奈川県の三浦市横須賀市京浜急行のお得なきっぷ・みさきまぐろきっぷを使って日帰りで巡ってみた。

1.河津桜の花見と絶品三浦まぐろ寿司

2月は早咲きの「河津桜」の季節。いち早くお花見が楽しめることで人気を博している。また、三浦市の三崎港で水揚げされる「三崎マグロ」はおいしいと評判だ。三浦半島で直に味わってみてはどうだろうか。

河津桜

タイミングが合うなら2月中旬〜3月上旬に三浦へ訪問するのがベスト。この時期には、一足早く春を感じられる「河津桜」を見ることができる。開花に合わせて、三浦海岸桜まつりも行われる。駅の看板もピンク色に染まって歓迎ムードを演出。花が大きくてピンク色が強いのが河津桜の特徴だ。三浦海岸駅から三崎口駅に向かう線路沿いでは、黄色い菜の花や赤色の列車とのコラボに思わず心を奪われてしまう。


(参考:三浦海岸桜まつり ※情報は2017年のもの)

●場所
京急久里浜線三浦海岸駅から小松ヶ池公園にかけて(線路沿い)

●期間
2017年2月11日(土)~3月12日(日)
※桜の開花状況により、期間延長となる場合あり

●アクセス
京急久里浜線三浦海岸駅から徒歩約10分

●参考ホームページ
第15回 三浦海岸桜まつり


★三浦まぐろ

この時訪れたのは、三浦海岸駅から歩いていける回転寿司店「海鮮」。みさきまぐろきっぷの食事券メニューを使ってのメニューだったがとても豪華。もちろんマグロはおいしい。発泡酒かソフトドリンクもついてくるので、優雅にお昼から一杯やるのもわるくない。人気店なので待つ可能性が高いが、携帯番号を登録して、番号札代わりの券を発券すれば、自分の番が近づいた時に知らせてくれる。最初に発券してから周辺を散策するなど、待ち時間を有効に使おう。


●住所
神奈川県三浦市南下浦町上宮田3372-18

●営業時間
11:00~20:00

●アクセス
京急久里浜線三浦海岸駅から徒歩3分

●公式ホームページ
三崎(三浦海岸)の回転寿司海鮮【まぐろ/ランチ/グルメ/宴会】


※みさきまぐろきっぷ

ここで「みさきまぐろきっぷ」についてご紹介。電車で行くならこのきっぷを使うのがおすすめ。2017年10月にメニューや価格をリニューアルしている。きっぷの販売は通年。京急線内の往復乗車券、三浦海岸・三崎口エリアのバスフリーきっぷ。そして、複数の中から好きな場所を選べる、マグロ料理食事券とレジャー・お土産券がついて、3,500円だ(品川駅からの場合)。乗車券は途中下車可能なので、三浦半島だけでなく、横浜や横須賀に立ち寄ることもできる優れもの。食事券を使える約30のお店では、まぐろきっぷならではの特別なまぐろメニューを用意。またレジャー・お土産券では、温泉やマリンパーク、観光船などを楽しめる。もし、桜とまぐろを三浦海岸駅周辺で楽しんだなら、同じく駅近の三浦マホロバ温泉でゆったりリフレッシュするのがおすすめ。

みさきまぐろきっぷ | おトクなきっぷ | PICK UP 京急 | 【KEIKYU WEB】京急電鉄オフィシャルサイト



2.巨大な艦船を間近に感じる軍港めぐり

特に、みさきまぐろきっぷを使って三浦半島をめぐっているなら、三浦だけでも十分楽しめるしその方がゆっくりできる。とはいえ、せっかく来たので周辺のほかの人気スポットにも行きたいという人もいるだろう。そこで紹介するのが、横須賀の軍港めぐり。三浦海岸駅から最寄りの汐入駅までは約20分と近い。しかも、みさきまぐろきっぷなら途中下車が無料なので一緒に行きやすい。

軍港めぐりは、海上自衛隊やアメリカ海軍の艦船を見られる45分のクルージングツアーだ。クルーズの運航は民間会社で、事前に船の停泊情報が入るわけではないため、どんな艦船が見られるかは当日のお楽しみ。ガイドさんの話がわかりやすくて面白く、「軍艦に全く興味がない」「知識が全くない」状態でも充分に楽しめる。時期にもよるが、進行方向右手の席(特に2階)の方が、艦船を間近に見られる回数が多いのでおすすめ。

ポイントは事前予約をしていくこと。当日券の販売もあるが、土日は完売する可能性が高いので、事前予約をして余裕をもっておきたい。予約が完売している場合でも、キャンセルにより空きが復活するケースが多いので、時間をあけて見直すといいだろう。



今回の船は2016年から就航中のシーフレンド7。



潜水艦。全長82メートルと想像より小ぶりなイメージだ。



ジョン・S・マケイン(イージス艦)。ミサイルを駆逐するためのハイテク機能が詰まっている。



ロナルド・レーガン。アメリカ海軍の航空母艦で、世界最大規模の軍艦。クルーズ参加者の一番の目当てといわれ、一度出港すると半年間は戻らないため、見られる機会は限られている。



後方支援用の艦船。船体に書かれている番号は、桁数によって役割を表しているという。

・2ケタ:諸外国等の迎賓
・3ケタ:護衛艦
・4ケタ:後方支援

●住所
神奈川県横須賀市本町2-1-12(汐入ターミナル)

●営業時間
10時便~16時便
※1時間に1本、10時と16時は不定期の臨時便のため要確認

●乗船料
大人1,400円、小学生700円、小学生未満 無料

●アクセス
京急線汐入駅から徒歩約5分
・JR横須賀線横須賀駅から徒歩約10分

●公式ホームページ
YOKOSUKA軍港めぐり | 【TRYANGLE WEB】YOKOSUKA軍港めぐり / 無人島・猿島 / ヨコスカBBQ のトライアングル