2リズム

東京みやげ/関東おすすめスポット/地方めぐり/ライブ感想

有楽町~おかめ&ひょっとこ/ミッドタウン日比谷/B'z展覧会

今回は千代田区で23区さんぽ。有楽町駅前にある交通会館の人気グルメ、日比谷に3月末にオープンした新スポットの様子をご紹介。期間限定で開催の展示会のメモもこちらに。

★麺屋ひょっとこ

少し早めのお昼ごはんを意識して、有楽町駅前の東京交通会館へ。1965年に開業した館内は昭和レトロな雰囲気。地下1階には人気の食事処がたくさんあり、お昼の時間帯はそこかしこに行列ができている。

今回はその中から麺屋ひょっとこを訪問した。2004年にオープンした、あっさり和風出汁のラーメンが人気のお店だ。行列を予想して開店の11時より10分前くらいに着いたものの、既に先客で店内は満席。こちらは先に食券を買って、それから並ぶスタイル。お店の内装は、ゆっくり食事というより、さっと食事を済ませたい人向けのつくりになっている。席についてから料理がでるまでのスピードが早く客の回転はよい方だと思うので、行列が長くても意外とスムーズに食べられるかも。行列の中にはアジア系の人も見られ、外国人観光客にも注目されているようだ。

並び始めてから10~15分程度で食事の時間に。注文したのは、一番人気の和風柚子柳麺。ゆずの香りに癒される。評判どおり、カツオと昆布をふんだんに使ったあっさり透き通るスープは体にすごくやさしい感じだ。つるつるの細麺もよく合う。そして圧巻はトロトロの食感でボリュームたっぷりなチャーシュー。とてもバランスよくまとまった一杯でまた食べたいと思った。ちなみに、柚子なしの一番ベーシックなラーメンは670円。この駅近の立地でお手頃な値段で食べられるのもうれしい。

●値段
和風柚子柳麺 730円

●住所
東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館 B1F

●営業時間
月〜金曜 11:00~20:00
土曜 11:00~19:00

●定休日
日曜日、祝日

●アクセス
JR/東京メトロ有楽町線・有楽町駅から徒歩3分

●参考ホームページ
麺屋ひょっとこ(食べログ)



★甘味おかめ

食後は同じ交通会館地下1階にある甘味おかめへ。1946年創業で、おはぎやあんみつが人気の甘味処だ。先ほど紹介した麺屋ひょっとこの夫婦店でもある。中でお茶でもと思ったが、お土産におはぎを購入することにした。

写真のおはぎは、つぶ餡ときなこ。ほかに胡麻や、2月頃から初夏までの限定でさくらもある。一般的なおはぎのサイズと比べて2倍程度あり、大きさに驚かされる。全体的に甘さ控えめでふんわりしていて食べやすい。餡にプラスして味の変化が楽しめるきなこの方が個人的にはおすすめ。

●値段
1個 280円

●日持ち・賞味期限
購入当日

●住所
東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館 B1F
有楽町イトシアの1階にもある

●営業時間
月〜金曜 11:00~20:00
土曜 11:00~19:00

●定休日
日曜日、祝日

●アクセス
JR/東京メトロ有楽町線・有楽町駅から徒歩3分

●公式ホームページ
甘味おかめ



東京ミッドタウン日比谷

展覧会までの時間を過ごそうと訪れたのが、東京ミッドタウン日比谷。2018年3月にオープンした複合施設だ。2月に閉館した日劇に代わる新しい映画館もこちらの施設に入っている。

オープンから約1か月経ったものの、まだまだ熱気冷めやらぬという感じで、連日多くの人でにぎわっている。特に週末はエスカレーターに乗るだけでも行列ができるくらいなので、人混みが苦手な人やゆっくり見て回りたい人はもうしばらく待ってから訪れるのがおすすめ。

外から見て気になったお店は、抹茶スイーツを楽しめる「林屋新兵衛」、三軒茶屋のパン屋「ブーランジェリー・ボヌール」、トヨタのレクサスを体感できるショップ内のカフェ「ザ・スピンドル」など。いずれも今は待ち時間が長そうだったので、今後機会があれば立ち寄ってみたい。

●住所
東京都千代田区有楽町1-1-2

●営業時間
ショップ:11:00〜21:00
レストラン:11:00〜23:00

●アクセス
東京メトロ千代田線・日比谷線都営三田線日比谷駅に直結
・JR/東京メトロ有楽町線・有楽町駅から徒歩5分
東京メトロ銀座線/日比谷線丸ノ内線銀座駅から徒歩4分

●公式ホームページ
東京ミッドタウン日比谷



★【期間限定】B'z 30th Year Exhibition “SCENES” 1988-2018

4~6月にかけて、B'zのデビュー30周年を記念した展覧会が行われている。これまでの歩みの詳細な解説に加え、ツアーで実際に使用された楽器や衣装が多数展示されており、見ごたえたっぷりの空間になっていた。メンバー本人のオーディオガイド(有料)を聞きながら楽しんでいる人も。個人的にはビデオエリアが印象的だった。大小さまざまな画面から大音量で流れるメンバーの演奏映像をライブ感覚で味わうことができ、7月から始まるPleasure ツアー「HINOTORI」に向けてすごくテンションの上がるエリアだった。チャンスがあればぜひ後期も見に行きたい。

ちなみに、展示会に興味はあるけど、そこまで熱狂的じゃないし…という人は、平日に時間があれば行ってみるのがおすすめ。なんと無料でミュージアムに入ることができる。当日券が朝の10時30から配布されるので先に入手しよう。入場開始の時間ごとに枚数が限られていて、初回の11時や次の13時から入場できる券が人気。それ以降の時間帯は比較的手に入れやすく、中もゆっくり見ることができる。

●会場
東京都千代田区丸の内3-8-3 有楽町インフォス1F

●会期
前期(1988-2002):4月1日(日)〜 5月6日(日)
後期(2003-2018):5月11日(金)〜 6月15日(金)

ミュージアム入場料金
平日(5月1・2日除く) 無料
土・日・祝【前売】 大人・専門学校・大学生以上 1,500円、中高生 1,200円
土・日・祝【当日】 大人・専門学校・大学生以上 1,700円、中高生 1,400円
※小学生以下は保護者同伴(親族のみ)に限り入場料無料

●アクセス
・JR/東京メトロ有楽町線・有楽町駅から徒歩0~3分
東京メトロ銀座線・銀座駅から徒歩5分

●公式ホームページ
B'z Official Website|EXHIBITION