2リズム

観光とライブのメモ

地獄のぞき・百尺観音・日本寺の大仏…そのすべてケタ違いのスケール 「鋸山」


鋸山(のこぎりやま)は、千葉県・鋸南町富津市にまたがる山。

石材の採取によって露出した山肌の岩が鋸の歯のように見えることからその名がついた。

標高は約329メートル。
この山の南斜面を境内にしているのが日本寺(にほんじ)。
境内には地獄のぞき、百尺観音、大仏といった見どころがあり、それぞれのケタ違いのスケール感に圧倒される。

鋸山 日本寺 公式サイト | 境内案内


ポイント

ここではロープウェイを利用して山頂に着いた後の動きについて記載する。
ポイントは大仏を見るかどうか。


冒頭の写真の地獄のぞきと上の百尺観音は欠かせない。
この二つはロープウェイの山頂駅から往復40分の距離なので行きやすい。
とはいえ、道中は結構アップダウンが激しいので無理のないペースで行こう。

●地獄のぞき
高さ100メートルの崖から突き出した岩上の展望台。ここから見える東京湾や房総半島、富士山は絶景。人によっては思わず足がすくむほどのスリルを味わえる。


●百尺観音
かつての石切場に掘られ、1966年に完成した観音像。航海、航空、陸上交通の安全を守る像として崇められている。緑が生い茂る静かな雰囲気の中で、ゆっくり観音像と向き合うと心が落ち着く感じがする。




体力的にはハードだが、山頂から往復できる余裕があるなら、ぜひ大仏も見に行こう。

地獄のぞき・百尺観音から大仏までは、ひたすら急な階段を下る必要がある。早くて15〜20分かかる。
下りも大変だが、それ以上に上りがしんどい。こちらは20〜25分見ておく必要がある。


●日本寺の大仏
江戸時代に岩山を彫刻したものが原型。高さ31メートルで、座像の石仏としては日本一の大きさを誇る。百尺観音を見た後だとインパクトは薄まるかもしれないが、やはり大きさには目を奪われる。



データ

●住所
千葉県富津市金谷4052-1

●営業時間
・ロープウェイ
9時〜17時(11月16日〜2月15日は16時まで)
※検査日など詳細は下記ホームページへ

鋸山ロープウェー

・日本寺
8時〜17時


●料金
・ロープウェイ
片道500円、往復930円

※下記リンク先の割引券でお得に乗ろう!
鋸山ロープウェー株式会社 | 千葉・房総 お得なクーポン

・日本寺
拝観料600円


●アクセス
・ロープウェイ乗り場まで
JR内房線浜金谷駅から徒歩8分

・ロープウェイ乗り場から山頂まで
片道約4分。通常15分間隔で運行

・山頂から地獄のぞきと百尺観音まで
往復約40分

・地獄のぞきから大仏まで
下り約15〜20分、上り約20〜25分


あわせてチェック