2リズム

観光とライブのメモ

バンプオブチキンのライブ「BUMP OF CHICKEN TOUR 2017-2018 PATHFINDER」の感想


2017.9.17
バンプオブチキンのライブ「BUMP OF CHICKEN TOUR 2017-2018 PATHFINDER」へ。
場所は幕張メッセ

昨年のツアー以降、いくつかの新曲リリースはあったものの、アルバムの発表はなし。
アルバムベースのツアーではなく、また周年もののツアーでもなく…
ということでどんなライブを見せてくれるのか未知数だったが、結果的には新旧の楽曲を織り交ぜた聴きごたえたっぷりのライブだった。

幕張メッセでのライブは、2014年3月のバンプのライブ以来。
久々のオールスタンディングで体力的な面が少し心配だったが、なんとか乗り切ることができた。

観客の年齢層は若め。
男女比は、どちらかといえば女性の方が多い。
ペア参加が多いが、熱心なひとり参加のファンもたくさん見かけたので、気にせず楽しめると思う。

手の振りは割と多い。
立って見続けるなら、自分の体力に合わせて体を動かそう。




………

※ネタバレ注意


………















セットリスト

本編

1.GO
オープニングSEとの組み合わせにドキドキ。

2.天体観測
一気にテンションアップ。

3.ray
何度もこのイントロを聴いてもワクワク感がとまらない。とても大好きな一曲だ。

4.宇宙飛行士の手紙
前日のセットリストと変えてきたなという思いがめぐる。

5.Ever lasting lie
一時期すごく聴いていた曲だったので、生で聴けてうれしかった。
長い間奏を力強く演奏する姿にただひたすら感動。

6.記念撮影
別の人の言葉を借りるなら、シュール。

7.pinkie
神曲降臨…って感じで会場内のどよめき、歓声、興奮が最も高まる瞬間を感じた。

8.花の名
バラード系だからか、この曲で手をずっと振り続けるのがどうも個人的にはなじまない。

9.涙のふるさと
これも聴けて本当によかった。欲を言えば、キー下げなしでCDに近い形の演奏だともっとよかった。

10.You were here
ぐっと落ち着いた雰囲気に。

11.アンサー
再び盛り上がりモードにギアチェンジ。

12.ラフ・メイカー
この時もイントロでかなりのざわめき。
元からのテンポの速さに、サビに近づくにつれての力強さが合わさって会場は興奮の渦に。

13.宝石になった日
疾走感と爽やかさと寂しさと。

14.虹を待つ人
15.fire sign
どちらも会場からの声の響きに圧倒。

16.リボン
カップヌードル。演奏する姿をモノクロの映像で映していて、

アンコール

17.K
イントロ0秒の興奮感がこれ。

18.ダイヤモンド
振り返ると、ラストの曲だったからこそ、前に進んでいきたいという気持ちを一層感じられる演奏になってたように思えた。



できれば本編プラス1、アンコールプラス1で、計20曲はやってほしいなと思った。

前日のセットリストと比較して、曲目が大きく異なっていたのも驚いた。
核となる数曲以外はほぼ別の曲になっていて、彼らのツアーへの強い意気込みを感じた。
週末の北海道の公演でどんなセットリストになるかが楽しみだ。

チャンスがあれば、ライブハウスや埼玉での公演にも参加して、今回聴けなかった曲もぜひ聴いてみたい。