2リズム

東京みやげ/関東おすすめスポット/地方めぐり/ライブ感想

見頃は? あしかがフラワーパーク藤・ひたち海浜公園コキア

※既存の記事を統合してリニューアル公開

ここ数年、特に人気沸騰中の花の2大名所「あしかがフラワーパーク」「ひたち海浜公園」。
色鮮やかな景色がインスタ映えで話題になるほか、インバウンドの効果で外国人観光客も多く訪れている。


あしかがフラワーパーク

栃木県・足利市にある花のテーマパーク。
5月のゴールデンウィークの時期には絶大な人気を集める。
多くの人のお目当ては、藤の花。
樹齢約150年の大藤棚をはじめ、うす紅藤や白藤、きばな藤など、色鮮やかに咲き誇る姿は必見だ。
ほかにも、「フラワーパーク」というだけあって、ネモフィラツツジなど様々な花が咲いていて、花の鑑賞をたっぷり楽しめるのもこちらの魅力だ。

藤の花を生かした夜景の演出や、冬のイルミネーションなどにも力を入れており、2014年にはアメリカの放送局・CNNの「世界の夢の旅行先10ヶ所」に日本で唯一選ばれている。


●住所
栃木県足利市迫間町607

●開園時間、入園料
時期や花の咲き具合、イルミネーション期間などで細かく変動するので、詳細は公式ホームページで確認を

●アクセス
・JR両毛線富田駅から徒歩約13分
東武伊勢崎線足利市駅からシャトルバスで約30分

あしかがフラワーパーク 【 公式サイト 】


パーク内の様子

ここでは、大藤棚が見ごろを迎えていた時期のパーク内の様子を写真で紹介してみよう。
写真で振り返ってみてもかなり見ごたえがあった。


大藤



八重藤



うす紅橋



うす紅藤



白藤



大長藤



むらさき藤のスクリーン(表)



むらさき藤のスクリーン(裏)


藤の見頃は?

色によって満開になる時期が少しずつ違う。

たとえば、大藤はゴールデンウィーク前後に見頃を迎える。
一方この時期は、きばな藤の開花はまだで、ゴールデンウィーク以降となる。
おおよその見頃は次のとおり。

・4月中旬~4月下旬 うす紅藤
・4月下旬~5月上旬 むらさき藤、大藤、八重藤
・5月上旬~5月下旬 きばな藤

目当ての色の藤があるなら公式ホームページを中心に事前によくチェックしておこう。

そのほかのポイントは?

入園券の購入は事前に済まそう。
購入の列に並ばなくてすむ上に、割引のサービスも受けられるのでおすすめだ。

また、アクセス面では、JR線を利用の場合、この時期限定で「足利藤まつり号」が運行されている。
上野駅から最寄りの富田駅まで乗り換えなしで行けて、そのまま徒歩でパーク入りできるのは魅力的だ。

東武線の「りょうもう号」で足利市駅からアプローチする方法もある。
こちらの場合、駅からパークまでシャトルバスで約30分かかるのもしっかり計算しておこう。


ひたち海浜公園

茨城県ひたちなか市にある国営公園
水戸陸軍飛行学校やアメリカ軍の射爆撃場だった歴史や、その後の拡張工事などを経て、現在は総面積(ディズニーランドの約5倍)のうち約60パーセントが開園している。
5月のネモフィラ、10月のコキアの時期の色鮮やかな景色で人気を集めているほか、8月の音楽フェス「ロック・イン ・ジャパン・フェスティバル」の会場として利用されることでも有名だ。


●住所
茨城県ひたちなか市馬渡字大沼605-4

●開園時間
9:30~17:00
(7月21日〜8月31日は18:00、11月1日〜2月末日は16:30まで)

●入園料金
大人(15歳以上)410円、シルバー(65歳以上)210円、小人(小中学生)80円

●アクセス
・JR勝田駅からバスで約20分
ひたちなか海浜鉄道阿字ヶ浦駅からバスで約10分
・東京駅から高速バスで約2時間

国営ひたち海浜公園 – 海と空と緑がともだち。ひたち海浜公園は、茨城県ひたちなか市にある国営公園です。


公園内の様子

コキアの見頃を迎えた公園の風景を何枚か紹介してみたい。


ふわもこな見た目がかわいい。
鮮やかな赤と併せて、一度見たら忘れられないビジュアルだと思う。
赤だけでなくショッキングピンクのような色味のものもあり、見ていて楽しい。






ほかにも色鮮やかな花々が広がる。



観覧車からの園内。
かなり広く、まる1日ゆっくり楽しめる。


ネモフィラ、コキアの見頃は?

ネモフィラは4月下旬〜5月上旬。
ゴールデンウィークの時期と重なるので、混雑は覚悟しよう。

コキアは10月中旬頃がベスト。
この頃がちょうど真っ赤なコキアを楽しむことができる。
もし電車を利用するなら、年に1日だけの特別な列車に合わせて出かけるのもおすすめだ。
ひたちなか海浜鉄道が10月のコキアの見頃に合わせて、「納豆列車」を運行している。



▲納豆列車
納豆をみんなで電車の中で食べるという、人生で一度あるかないかのとても貴重な経験ができるので、納豆好きならぜひ乗ってみてほしい。


そのほかのポイントは?

時間があれば、那珂湊(なかみなと)おさかな市場へ寄ろう。



ひたちなか海浜鉄道那珂湊駅近くにはおさかな市場があり、買い物や食事を楽しめる。



ネタが大きい回転寿司店として人気なのが、「市場寿し」。
リーズナブルにお腹いっぱい食べられる。
休日だと30分程度は待つかもしれないが、お客さんの回転は速い方なので意外とすぐ食べられる感覚だ。

[食べログ]アクセスが制限されています

限定、駅、デパ地下…池袋土産用の人気スイーツはこれ!

※別ページからの移行・統合による公開

~池袋でどのスイーツを買って帰るか悩んでいる方へ~

先にこのページの結論を書いておくので時間がない人はここだけチェック。

★結論:池袋でしか買えないスイーツを買おう!

(2018年1月現在)

【洋菓子なら…ラ・ファミーユのシフォンケーキ】
・本ページ1番を参照。
・クリーム付きのシフォンだけでなく、個包装タイプのシフォンもあるので持ち運びやすい。
・JR池袋駅メトロポリタン口から徒歩5分。


【和菓子なら…すずめやのどら焼き】
・本ページ2番を参照。
・午後だと売り切れの可能性が高いので注意。
・JR池袋駅・東口から徒歩7分


【時間がない!】
・駅構内へ:本ページ4~6番を参照。
・駅直結のデパートへ:本ページ7~9番を参照(すべて東武百貨店の地下1階)。


★★★

1.ラ・ファミーユのチョコレートシフォン

池袋だけにあるシフォンケーキ専門店。洋菓子教室を開き、添加物に頼らない体にやさしいお菓子づくりを広めている。チョコレートシフォンは、濃厚で少し苦めな大人のチョコレート味。ふわふわでしっとりした食感はお見事。イートインでクリーム付きのシフォンを食べるのもおすすめ。

●値段
1個 310円
※クリームなし、個包装の場合

●日持ち・賞味期限
2日後

●住所
東京都豊島区西池袋3-4-6 今村ビル1F

●営業時間
10:30~18:30

●アクセス
JR池袋駅メトロポリタン口から徒歩5分

●公式ホームページ
東京都豊島区|池袋のシフォンケーキ専門店/洋菓子教室・ケーキ教室/ラ・ファミーユ



2.すずめやのどら焼き

池袋だけにあるどら焼き店。東京三大どら焼きに負けないおいしさだ。詳細は別記事にもまとめているのでこちらのページをどうぞ。

●値段
1個 180円

●日持ち・賞味期限
購入当日中

●住所
東京都豊島区南池袋2-18-5

●営業時間
月~土曜 10:00~売り切れ次第終了

●定休日
日曜・祝日

●アクセス
JR池袋駅・東口から徒歩7分

●公式ホームページ
どらやき すずめや



3.リンゴのカスタードアップルパイ

f:id:rayanbird:20170219204714j:plain

チーズタルトで有名なBAKE(ベイク)が手がけるアップルパイの店が、RINGO(リンゴ)。カスタードアップルパイは、ベイクと同じ一品勝負の商品。都内で買えるのは池袋だけだ。パイのサクサクした食感に、ゴロゴロ感のあるリンゴの強い甘み、それをカスタードがおさえていて良いバランスがとれている。味の強さがほしいなら冷やしてみよう。焼き立てはバランスがとれていておいしいが、リンゴとカスタードの味の強さがほしければ冷やすのがおすすめ。温かい状態より、それぞれの味を鮮明に感じられて個人的にはこちらも好みだ。

●値段
1個 399円

●日持ち・賞味期限
当日中(冷凍保存で翌日)

●住所
東京都豊島区南池袋1-28-2 JR池袋駅1F

●営業時間
10:00~22:00

●アクセス
池袋駅東口を出てすぐ。P'パルコのそば

●公式ホームページ
RINGO(リンゴ)



4.かねすえのさぬきわらび餅

かねすえは、香川県高松市に本店を構えるわらび餅の店。わらび餅をつくる様子を見せる実演販売が目を引く。さぬきわらび餅のぷるぷるで溶けるようなやわらかさにはびっくり。ホントに口の中でサラッと溶けていく感じ。甘さ控えめな濃厚蜜とのマッチングも最高だ。

●値段
1箱(8個入り)1,100円

●日持ち・賞味期限
4日間

●場所・アクセス
・JR池袋駅改札内コンコース
・JR池袋駅店 北改札外

●営業時間
10:00~22:00
※2店舗共通

●公式ホームページ
わらびもち、きんつば唐芋きんの「さぬき菓匠 松風庵 かねすえ」



5.シュクリム シュクリのシュー シュクリ

シュクリム シュクリは、池袋にあるシュークリーム専門店。同じく専門店のビアードパパを運営する会社による、新形態のシュークリーム専門店として話題に。定番のシュー シュクリは、もっちりした皮、そして中には求肥を思わせる食感がありとても印象的。クリームからは酸味が感じられ、 甘さ控えめが好みの人には良い具合の仕上がりになっている。

●値段
1個 290円

●日持ち・賞味期限
当日中

●場所・アクセス
JR池袋駅 南口改札 外脇

●営業時間
9:30〜22:00

●公式ホームページ
シュクリムシュクリ:シュークリーム専門店 CHOUXCREAM CHOUXCRI



6.八天堂のメロンパン

冷たいクリームパンで有名な広島県八天堂。メロンパンでは「サクサク」「とろける」二つの食感を実現。味は、カスタード、抹茶、小倉、チョコバナナの4種類。おすすめの抹茶味は、ホワイトチョコがコーティングされていて表面は甘め。中の抹茶クリームの甘さが控えめなので食べやすくまとまっている。表面は時間が経つとぼろぼろになりやすいので持ち運びは慎重に。

●値段
1個 260円

●日持ち・賞味期限
冷蔵庫保存で買った翌日中。保冷剤は2時間まで無料、2〜4時間まで持ち歩く人用に有料保冷バッグあり。

●場所・アクセス
JR池袋駅構内 中央第一改札外(東武百貨店そば

●営業時間
10:00~21:00

●公式ホームページ
くりーむパンの八天堂 - 広島県三原市



7.クラブハリエのドライバーム

滋賀県に本店のある創業60年を超える老舗洋菓子店。バウムクーヘンが有名。和菓子のたねやのグループ企業でもある。今回取り上げるドライバームは、バウムクーヘンを薄くスライスしてオーブンでじっくりと焼き上げたもの。袋の中には10ピース入っていて、見た目はラスクやクッキーのよう。それでいて味はバウムクーヘン。この不思議な感覚がおもしろくて魅力的なので味わってみてほしい。

●値段
1袋 411円

●日持ち・賞味期限
10日

●住所
東京都豊島区西池袋1-1-25 東武百貨店 池袋店本館B1F

●営業時間
・月~土曜 10:00~21:00
・日曜 10:00~20:00

●アクセス
東武」百貨店の地下1階へ

●公式ホームページ
CLUB HARIE(クラブハリエ)



8.クロッカンシュー ザクザクのシュークリーム

チーズタルトのBAKE(ベイク)が手がける焼きたてシュークリーム専門店。アーモンドをまぶした、ザクザクの食感がウリのシュー生地(クロッカン生地)には強めの甘みが凝縮されている。中にはとろっとしたカスタード感たっぷりの濃厚クリーム。これが意外とさらっとしていて、シュー生地の甘さとバランスがよく、食べやすい一品になっている。ザクザク感をおもいっきり堪能するには購入から2時間以内に食べるのがベスト。

●値段
1個 250円

●日持ち・賞味期限
購入当日

●住所
東京都豊島区西池袋1-1-25 東武百貨店 池袋店本館B1F

●営業時間
・月~土曜 10:00~21:00
・日曜 10:00~20:00

●アクセス
東武」百貨店の地下1階へ

●公式ホームページ
クロッカンシュー ザクザク [CROQUANTCHOU ZAKUZAKU]



9.ガトーフェスタ ハラダのホワイトチョコラスク

和菓子店として1901年に創業した、群馬県高崎市発の菓子店。のちにパンづくりに着手し、60年以上の研究によってたどり着いたフランスパンをベースに自慢のラスク、グーテ・デ・ロワを作り上げた。名前は知らずとも、ここの目を引く紙袋を見たことある人は多いはず。今回取り上げるのはホワイトチョコレートでコーティングされたタイプのもの。サクサク食感でグラニュー糖の甘みを感じるラスク。その上には世界各国から探したというとても濃厚で相性ばっちりのクーベルチュールホワイトチョコレート。見た目ほど重さはなく、むしろ軽い食感で食べやすく1個でとてもぜいたくな気分になれる。高崎にある工場は見学できるので、お出かけついでに行ってみるのもおすすめ。

●値段
1袋5枚入り 453円/10枚入り 864円

●日持ち・賞味期限
製造から60日

●販売期間
10月〜翌年5月下旬

●住所
東京都豊島区西池袋1-1-25 東武百貨店 池袋店本館B1F

●営業時間
・月~土曜 10:00~21:00
・日曜 10:00~20:00

●アクセス
東武」百貨店の地下1階へ

●公式ホームページ
GATEAU FESTA HARADA(ガトーフェスタ ハラダ)



10.おまけ:ぼんごのおにぎり@大塚

スイーツではないし、池袋でもないけど、池袋近くのおすすめお土産ということで「ぼんご」のおにぎりをご紹介。ここは、寿司屋のカウンターのような店内が印象的な1960年創業のおにぎり専門店。種類は50以上あり、お店のおすすめベスト3はしゃけ、生たらこ、鳥唐揚。写真のおにぎりはカレー味で、食欲を刺激する甘辛いペーストとふわっとした米の食感が堪らない。時間帯によっては30分くらい待つのでご注意を。

●値段
1個 250円
※大半がこの値段。一部は300円、一番高いのが筋子の550円。

●日持ち・賞味期限
購入後3時間以内

●住所
東京都豊島区北大塚2-26-3 金田ビル1F

●営業時間
11:00~24:00

●定休日
日曜日

●アクセス
JR大塚駅北口から徒歩2分

●公式ホームページ
ホーム - おにぎり専門店 ぼんごの ページ!